贈与税のルール

贈与税は、その金銭的な価値があるものを他人に贈与つまりプレゼントしたときに、受け取った側が課税対象となる税金です。このため、物なども高価なものを贈れば課税対象となる可能性があります。
ただし、年間で贈与された合計金額がその金銭的な価値が110万円を下回れば課税されることはありません。
このため、よく相続税対策としてこの110万円の非課税枠を利用して、毎年少しずつ贈与という形であらかじめ渡しておくという考えがあります。

金銭はもちろんのこと、土地や建物などの不動産もそれぞれ持分を細かく分けて、少しずつ贈与するという手段で課税を避ける方法は有名です。ただし、不動産の場合は、法務局での登記等の手間がかなり面倒ではありますので、その手間隙を惜しまなければという条件がつきます。登記は自分でもできますが、司法書士などの専門家に依頼すればその依頼料が高くつくことがありますので、場合によりけりとなるでしょう。

いずれにしても、かなり高度な節税への知識が必要であることと、毎年していくことになるので面倒ではあるので、できれば税理士などのプロフェッショナルによく相談をしながら、話を進めていくことが望ましいでしょう。

コメントは受け付けていません。