手続きとポイント

贈与税の課税制度には、暦年課税、相続時精算課税の2つが在ります。
暦年課税は、所得税と同様に、毎年1月1日から12月31日までを1課税期間としてまとめた形で課税を行うものですが、一定の要件に該当する場合は、相続時精算課税を選択することが可能になっています。

相続時精算課税は、贈与を行う際に、贈与財産に対する贈与税を納める事になります。
贈与者が死去した際に、贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額とを合算した金額を基準にして計算を行った相続税額から、最初に納めた贈与税の相当額を控除するが可能になる方法です。

尚、相続時精算課税を選択する場合は、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間に、管轄となる税務署長に対し、相続時精算課税選択届出書を贈与税申告書に添付して提出をすることになります。

因みに、贈与税の申告書には、証明を行うための幾つかの添付書類を必要とします。
例えば、贈与を受ける人の戸籍謄本は、相続人としての氏名や生年月日を証明してくれますし、戸籍謄本は、贈与を受ける人が贈与者の推定相続人であることを証明してくれます。

尚、相続時精算課税を選択する場合には、贈与を受ける人の戸籍の付表、贈与者の住民票の写しと言った書類を添付する事が必要となります。

コメントは受け付けていません。