計算の方法

亡くなった人からその人の財産を受け継いだ場合、その財産は相続税の対象となり課税されることになります。それに対して、生存している人物から財産を譲り受けた場合には、その財産は贈与を受けたことになるので贈与税の対象となり課税されることになります。

相続税には基礎控除がありますが、贈与税に関しても同じく控除される枠というものがあります。
贈与税の基礎控除の計算は、その年の初めから終わりまでの間にどれだけの財産を譲り受けたかが基本となります。贈与税の場合、原則として、「年間110万円」を超えない限り非課税となっています。「年間110万円」という額は一人に対して設けられている控除の枠なので、仮に父親が配偶者と子供に非課税の枠内で財産を譲り渡した場合、非課税枠は220万円ということになるのです。この金額を超えない限り、申告書を提出する必要はありません。ただし、この金額を超えた分に関しては申告の必要があり、贈与税を納めなくてはなりません。ただし、「年間110万円」を超える額の贈与を受けた場合にも例外として非課税となることもあります。

この贈与税の非課税枠を上手に使うことで、生前贈与というかたちで家族に非課税のまま財産を残すことが可能となります。

コメントは受け付けていません。